食事について

筋トレやダイエットに欠かせない知識、PFCバランスについて知っておこう

ダイエットや筋トレを思い立って色々調べていると、PFCバランスという言葉に出会う回数が増えると思います

PFCバランスって何?という方や

何となく知っているけど、うまく説明はできないという方に向けて

  • PFCバランスとは何なのか?
  • なぜ筋トレやダイエットに必要な知識なのか?

ということについて、できるだけ簡単に説明していきたいと思います

PFCバランスという考え方自体は全く難しいことではないので、ぜひ覚えてください

PFCバランス = 3大栄養素のバランス

そもそもPFCバランスとは何か全く知らない人に向けて書きますが、これは食事のバランスのことを指します

そしてその中のPFCとは何を指すのか

P = Protein(タンパク質)

F = Fat(脂質)

C = Carbohydrate(炭水化物)

以上3つのこと

つまり3大栄養素のことです

 

食事のバランスと聞くと、「野菜を摂らなきゃ」というイメージが強いと思いますが

野菜を食べればビタミンやミネラルは摂れますが、体型変化には直接的にはあまり関係しません

体型を変えたい場合、この3大栄養素が鍵になってきます

 

3大栄養素とは何ぞや?という方は以下の記事に書いてあるので読んでみてください

筋トレをするなら3大栄養素のことを知っておこう筋トレをし、より効果を感じたいと思うのであれば必須な知識、3大栄養素 筋トレのためと言うよりは、人間が生きていく上で必要なものなの...

なぜ筋トレやダイエットに必要な知識なのか

ではなぜその3大栄養素のバランスが筋トレやダイエットにおいて重要なのかを説明していきます

リバウンドしにくい

これが(ほぼ)全てです

リバウンドしにくい。という言葉には色々な意味が含まれていて

  • 筋肉が落ちにくい or 筋肉をつけやすい
  • PFCバランスを自分で考えることでダイエットの仕方が分かる

PFCバランスを考えることは、このようなことに繋がります

逆に、大枠のカロリーだけを意識したダイエットではタンパク質が少なくなりがちだったり、脂質が多くなってしまうことが多いのでこうはいきません

食事の満腹感が変わる

PFCバランスを考えるようになると、1回の食事での満腹度が変わってきます

それはなぜか

カロリーが低いもの、つまりPFCバランスの中でもF(脂質)が低いものを自然と選ぶようになってくるからです

3大栄養素を説明した記事でも言っていますが、脂質はカロリーが多く、タンパク質と炭水化物はカロリーが低いです

 

カロリー制限と何が違うのか

多分、カロリー制限と何が違うんだろうと疑問に思われている方もいるのではと思うので一応説明しておきます

このPFCバランスを考えた食事法も、カロリー制限の中に含まれます

ただ、大きく違うのは、大枠のカロリーだけを見るのではなく、そのカロリーの内訳を考えようねという所です

同じカロリーであっても、その中で炭水化物、脂質、タンパク質の割合で全く違うものになります

例えば、ピザを一切れ食べるのと、おにぎりと焼き鳥を食べるのでは例え同じカロリーであったとしても、PFCバランスは全く違います

ピザの場合

P:5g = 20kcal
F:20g =180kcal
C:40g = 160kcal
合計 約360kcal

ピザは一切れでこれだけのカロリーになってしまうのに対し

おにぎりと焼き鳥(もも)2本

P:25g = 100kcal
F:10g = 90kcal
C:40g = 160kcal
合計 約350kcal

おにぎりと焼き鳥では、おにぎり1個に焼き鳥2本程度食べられます(あくまで例えなので、カロリーは正確ではありません)

つまり、カロリーが少ないほうが、食べられるバリエーションが単純に増えるということになります

また、注目してほしいのが脂質とタンパク質の違いです

ピザはタンパク質が少なく、脂質が多いですよね

脂質も炭水化物も両方エネルギーとなるものなので、摂りすぎてしまうと簡単に脂肪になってしまいます

それに対し、焼き鳥はタンパク質が豊富です

タンパク質が多いと食事の満足度も上がるし、筋肉をつけるためにはタンパク質を多く摂ることが重要なので、タンパク質が多い食品を選ぶのが効果的です

PFCバランスのまとめ

PFCバランスとはどういうものか、何となく分かったでしょうか

PFCバランスとは
  • 3大栄養素のバランスのこと
  • カロリー制限よりリバウンドしにくい
  • 食事の満腹度が上がる
  • 筋肉をつける上でも重要

だいたいこんな感じで覚えてもらえれば大丈夫です